私の脱毛クリームの使い方

私は脱毛クリームを、湯船の中で使っています。
脱毛クリームは、肌に塗った後で洗い流す必要があるので、入浴時におこなうと便利です。
そして洗い流す前に数分ほど放置しなければならないので、湯冷めしないよう湯船につかりながらおこなうのが都合が良いのです。
私は主に手足のムダ毛に脱毛クリームを使っています。ですから塗る際にはその部分だけ湯船から出して、ふちに乗せてから塗っています。
体は湯船の中なので放置している間にゆっくりとあたたまってくつろぐことができます。
そして5分ほど経過したら、塗った箇所をドボンと湯船に入れて、その中でやさしくこすって洗い流します。
ムダ毛ごとクリームが肌から洗い流されますし、もしかしたら湯船のお湯に溶け込んだ脱毛クリームが体の他の部分のムダ毛にも多少効果を出してくれるかもしれません。そのためかわかりませんが、お腹の中央部分の産毛が、目立たなくなってきました。
その後、シャワーを体全体に浴びて、入浴終了です。
体を温めながら手軽にムダ毛の処理ができるので、おすすめの方法です。

脱毛クリームの使い分け

私は、指や手首や足首のムダ毛は、脱毛クリームで処理しています。
それらのムダ毛は、エステサロンで脱毛してもらうほどの量でもないですし、かといって目立つ場所なので肌を傷つける可能性のあるシェイバーで剃るのは抵抗があります。もしも傷をつけたりしてしまうと、せっかくおしゃれなリングやブレスレットやアンクレットをつけても、傷のせいで見た目が台無しになってしまうからです。
脱毛クリームは、一塗りしてから洗い流すだけで、ムダ毛を根元から除去できるという、とても便利なものです。ただ、やや肌荒れを起こす可能性もあります。強力なので、肌が弱っている時に使用すると、後でヒリヒリとしてしまうことがあるのです。
そのため私は肌が乾燥しやすい冬は、保湿成分入りの低刺激の脱毛クリームを使用することにしています。普通の脱毛クリームが数百円と安いのに対してこちらは2〜3千円ほどしますが、そのぶん肌にしみるようなことは一切ありません。効き目もややゆるやかですが、肌への安全性の方が大事です。

脱毛クリームのメリットについて

脱毛クリームは、たんぱく質を溶かすアルカリ成分が含まれているクリームです。
ムダ毛はたんぱく質でできているため、脱毛クリームを塗るとたちどころに溶けていき、抜け落ちます。つまり脱毛クリームは、塗るだけでムダ毛の処理ができるという、とても便利なものなのです。
使い方は非常に簡単です。ムダ毛の気になる箇所に脱毛クリームを塗ります。専用のヘラなどが付属している場合は、それを使ってムラができないよう肌にしっかりとなじませていきます。
そして5分ほど経過したら、ぬるま湯で洗い流しましょう。そうするだけで、ムダ毛が全て肌から分離し、ぬるま湯と一緒に流されていくのです。
非常に強力なので、たとえば男性の濃いスネ毛などもきれいに除去することができます。もちろん薄い産毛にも効果があります。
また、アルカリ成分が、肌表面にあるムダ毛だけでなく毛根にもある程度しみこむので、ムダ毛が再生しにくくなります。
さらにコンパクトサイズなので、旅行などの際の携帯にも便利です。


吉祥寺 脱毛で人気の脱毛サロンランキング。

更新履歴